ブランド買取の雑学

ブランド品の時計やバッグ、洋服などを売るときには、様々な気になることが出てくることがあるでしょう。ここでは、ブランド買取に関する雑学をいくつか紹介します。フリマアプリと買取店との違いや、高く売れた場合の税金についてなど、役立つ情報をお届けします。

ブランド品をフリマアプリと買取店で売るのとでは違いがあるの?

フリマアプリは、オンライン上で個人同士がブランドアイテムを売買できるスマホ向けの売り方です。会員登録をしたらサービスを利用できます。商品画像と説明分は簡単に作成できるようになっていて、準備ができた…

ブランド品の買取ではアウトレット商品でも売れる?

ブランド品の買取の中でも取り扱いが難しいと言われているのが、アウトレット商品です。同じブランドの商品であるにもかかわらず、リサイクルショップなどに持ち込むとアウトレット商品だからと断られるケースも…

ブランド買取はどんなサービスか

ブランド買取は、ブランド品を対象とする買取りサービスで、指定のブランド品などを中心に買取ショップによって提供されています。

ブランド買取して高額で売れたら税務申告した方がいい?

タンスの肥やしになっていたブランドアイテムが高く売れることも

ずいぶん前から袖を通していないブランド物のコートやスーツ、使用頻度が減ったバッグやアクセサリーなどはありませんか?そういったブランドの洋服や雑貨類が部屋やクローゼットを占領していて、困っている人も多いのではないでしょうか。そんな悩みを素早く解決してくれるのがブランド買取のサービスです。売りたい洋服やバッグなどを買取店に持ち込んで売ったり、ダンボールに品物を詰めて宅配を利用してお店へ送って売ることもできます。もしかしたら、物によっては高値の値段がついて、思っていた以上の高額な査定金額になることもあるかも知れません。タンスの肥やしになっていた不用品の中にお宝が眠っていることもあります。良いお小遣いになることもあるので、ブランド買取のサービスを利用してみてはいかがですか?

想像以上に高額で売れたブランド品!税務申告はどうなる?

ブランド品が思ったよりも高く売れたら嬉しいですよね。でも、複数点の高価なブランド品の買取をおこなうと、総額30万円や50万円以上となるケースもあり、これだけの高額なお金を受け取ると税務申告をした方がいいのかと気になりますよね。 ブランド品のアイテムは、個人が日常生活でよく使うもの(生活用動産)と見なされ、売って得た利益は利益は譲渡所得にあたり、税金が発生しない場合がほとんどです。例えば、日常で使っていた複数点のブランド品を売って30万円の利益を得たとしても、これは課税対象にはなりません。注意したいところは、もしもブランド品1点だけの買取で30万円以上を超えた場合は、贅沢品と捉えられて課税対象になるケースもあります。しかしながら、課税対象になってしまったブランド品も、総合の譲渡益から50万円までは控除できるため、課税対象となるブランド品が50万円以下であれば税務申告をする必要はありません。

ブランド買取店の選定ポイント

使わなくなってクローゼットに置いたままのブランド品は買取で現金化することができますが、お店選びをどういう基準で選べばいいのかわからなくて困っていませんか?ここでは、知っておきたいブランド買取店の選定ポイントを紹介していくので、参考にしてみてください。

自身の売りたいブランドメーカーに精通しているお店か

ノーブランドの洋服や家具・家電などのさまざまな生活用品の売買ができるリサイクルショップでブランド品を査定してもらっても、満足のいく金額にはならなかったという経験はありませんか?すぐにブランド品を売…

実店舗を持っているか、販売実績があるかどうかもチェック

部屋や収納スペースを片付けていると、長い間放置していたブランド品の衣類や服飾雑貨類が出てきて処分方法に悩むことはないですか?そういったブランドの不用品は、買取できるお店で売って処分してみてはどうで…

複数のブランド買取店へ査定依頼をして吟味して選ぶ

すぐにブランド品の洋服やバッグなどを売って資金を得たい!と思うと、売れる店舗へ行って早く現金化したいと考えるかもしれません。でも、はやる気持ちはわかりますが、近場のブランド買取店ですぐに買取を決断…